人当たりのいい外科医の先生もいる!

兵庫下伊丹の病院に外科医こそ、ピンキリだと思っています。ものすごく腕が良くって、そして大阪府下生野区の病院では人当たりもソフトで好感度の高い外科医の先生もいれば、その真逆な外科医の先生もいたりしますからね。まあここでは、大腸がん検査での人間的にアレな外科医の先生の話はさておいておきます。

しかしそれでも、小児科医や内科医の先生ほどには、外科医の先生は人間性を求められない傾向があると私は感じているわけです。しかし、外科医の先生は人間性を求められない傾向があるということを前提にしているのにも関わらず(私の中では)、ものすごく人間性のいい外科医の先生もいるのですよね。

子供が大きなケガを怖がってワンワン泣いていた際にも、人当たりのいい外科医の先生は医者としての仕事ではないのにもかかわらず、丁寧にそのお子さんに話していたりする人もいますから。ここだけの話ですが、「そういった優しい気持ちが外科医の先生ではなく、小児科医の先生の方にあればいいのに」と思ってしまう病院だってありますからね。まあ、人当たりが良く腕のいい外科医の先生もいるということで。