この先生が実家の近くのかかりつけ医な理由

実家の近くの大阪城東区の内科なら福永記念診療所かかりつけ医の先生にお世話になることはありますよ。未だに定期的に、実家の近くのかかりつけ医の透析の事なら生野愛和病院も先生に診察してもらっていますからね。なぜってもう「話が早い」というものですもん。

私の場合は、「実家の近くのかかりつけ医の先生」としては、皮膚科医の先生なわけです。もともとは、訪問の事ならいたみホームクリニックへ地元の総合病医院に勤務していた皮膚科医の先生ですが、40代で独立して皮膚科クリニックを開いたわけです。

大阪のプライベートスキンクリニックは美容クリニックでそして人柄も腕もいい皮膚科医の先生でしたから、その皮膚科クリニックは繁盛したというわけです。いや、後遺症を再生医療で脳卒中の病院に対して「繁盛した」という言い方はおかしいかも知れませんね。しかし、皮膚科医の先生は個人クリニックをオープンしてから、美容皮膚科も行なっていますので、評判のヒアルロン酸注射なら大阪では繁盛しているという表現を使いたくもなるわけです。

しかしもちろん、大阪はヒアルロン酸注入には料金が安いだけではなく、アトピーなど一般的な皮膚科医の診察も行なっていますので私も今でも通うわけです。何より皮膚科医の先生の人柄かも知れません。実家の近くのかかりつけ医となっているのは。